TOP
一般小売業者の義務について
酒類販売業者の義務
1 記帳義務
2 申告義務
3 届出義務
記帳義務
酒類受払台帳の記帳について
仕入に関する事項 仕入数量
  酒類の品目及び税率の適用区分別(アルコール分別)
仕入価格
仕入年月日
仕入先の住所及び氏名又は名称が記入されていること
販売に関する事項
販売数量
  酒類の品目及び税率の適用区分別(アルコール分別などに)
販売価格
販売年月日
販売先の住所及び氏名又は名称が記入されていること

注意事項
販売先の住所及び氏名又は名称は省略することが出来る。
次に掲げ事項を厳守される場合には、販売した数量、販売年月日については、3ヶ月を超えない期間中の合計数量により一括して記帳することが出来ます。

(1)仕入れた酒類の全部について、上記の仕入に関する事項がすべて記載された伝票を仕入先から交付を受け、それを5年以上保存しておくこと
  
(2)3ヶ月を超えないつきの月末に酒類の棚卸を行っていること。
税務署の職員が検査取締上必要があると認めたときは、仕入、販売に関する帳簿を検査できることとなっています。
帳簿閉鎖後、5年間の保管義務があります
申告義務
酒税報告書(酒類の販売数量等報告書)

会計年度(4月から翌年3月まで)ごとに酒類の品目別販売数量の合計数量及び3月末の在庫数量を記載した
「酒類の販売数量等報告書」を翌会計年度の4月末までに、その販売場の所轄税務署長に提出する必要があります。
異動申告書

住所及び氏名又は名称、販売場の所在地若しくは名称に異動があった場合には、その販売場の所在地の所轄税務署長に申告する必要があります。

販売場の所在地の異動とは、区画整理等による地名、地番の呼称変更をいい、販売場の移転(販売場を他の場所に移転する場合)は、所轄税務署長の許可を受ける必要があります
酒類販売業休止・開始申告書

酒類の販売業を休止する場合又は再開する場合には、その旨を遅滞なく、その販売場の所在地の所轄税務署長に申告する必要があります。
酒類蔵置所設置・廃止報告書

免許を受けた販売場と異なる場所に酒類の貯蔵のための倉庫等を設ける場合又はその倉庫等を廃止する場合には、販売場又は倉庫等のいずれかの所在地の所轄税務署長に報告する必要があります。
酒類の販売先報告書

税務署長から、酒類の販売先(酒場、料理店など)の住所、氏名または名称の報告を求められた場合には、報告する必要があります。
届出義務
酒類の詰替え届出書

酒類の製造場以外の場所で酒類を詰め替えようとする場合には、2日前までにその販売場の所在地の所轄税務署長に届け出る必要があります。
罰則について
記帳義務・申告義務・届出義務を履行しない場合、10万円以下の罰金又は科料に処せられ、免許が取り消される場合もあります。
次のページへ
TOPへ
酒ビジネス支援サイトへ
お酒で起業サポート 事務局
ビーエルジャパン株式会社 代表取締役 鈴木祐一郎
〒144-0051 東京都大田区西蒲田2-7-16 TEL:03-6410-2653 FAX:03-6740-22888

             お問合せはコチラへ

酒類販売(一般小売業免許、通信販売酒類小売業免許・酒類卸売業免許)酒類の輸出入免許の申請書類作成・申請代行・代理
ビール・発泡酒・ワイン・濁酒
製造サポート 
日本酒・ワイン・焼酎の
販売サポート
酒類製造免許申請書類作成は、行政書士法人榊原・箭内事務所にて行政書士鈴木祐一郎が、行います。