TOP
レストランでワインを直輸入

飲食店やホテル業に携わっている方が、

「海外で飲んだあのワインを是非日本でも飲みたい!!飲んで貰いたい!!」

と考えるのも自然な感覚では、ないでしょうか?

でも、実際どうしたら良いのか?
全然わからないのでは、ないでしょうか?

HP上ですので、全てを書くことはできませんが、原則的な事をご紹介致します。
Q:酒類販売の免許は必要か?
A:ご自身のレストランで、直輸入したワインを提供する場合には、酒類の販売免許は必要ありません。
 ただし、お客様がワインを持ち帰る場合には、酒類の販売とみなされるため、酒類の販売免許が必要になります。
Q:輸入者ラベルは必要か?
A:ご自身のレストランで、直輸入したワインを提供する場合には、輸入者ラベルは、必要ありません。
Q:個人輸入ワインとレストランで提供するワインの違いは?
A:個人輸入ワインは、自己消費が大前提ですので、ワインの品質については、自己責任と考えられております。しかし、レストランでワインを提供することは、不特定多数の方にワインを提供することが前提ですので、食品衛生法の対象となり、酒類の成分分析表等の提出が必要になります。
Q:輸入の手続きがわからない?
A:実際の業務の流れとしては、
ワインの販売元

相手国通関業者

船会社(航空機会社)

日本の通関会社

到着
となります。
その他、品質保証の会社・運送会社・倉庫会社等の会社が関係しますし、1つの会社が兼務している場合があります。
次のページへ
TOPへ
酒ビジネス支援サイトへ
お酒で起業サポート 事務局

行政書士鈴木事務所  
行政書士 鈴木祐一郎

〒141-0031 141-0031東京都品川区西五反田1-4-8 
         秀和五反田駅前レジヂンス908
TEL:03-03-6417-9833 FAX:03-6203-8243

         お問合せはコチラへ
酒類販売(一般小売業免許、通信販売酒類小売業免許・酒類卸売業免許)酒類の輸出入免許の申請書類作成・申請代行・代理
ビール・発泡酒・ワイン・濁酒・マッコリ
製造サポート 
日本酒・ワイン・焼酎の
販売サポート
酒類製造免許申請書類作成は、行政書士法第1条の2に規定する、行政書士の独占業務に該当します。