TOP
ワイン起業セミナー開催のお知らせ

開催日時 : 2014年1月29日(水) 受付開始 19:00〜

                     セミナー 19:10〜20:40

開催場所 : OBC 大田ビジネスコミュニティーセンター小会議室(3階)

        東京都大田区西蒲田8-24-1 ミマツビル3・4F
        JR京浜東北線、東急多摩川線、東急池上線が通る  
        蒲田駅より徒歩3分

費用    : 15,750 円   (消費税込)

詳しくは、こちらへ
主な内容は
・飲食店・民宿で梅酒や果実酒の製造が一定の条件のもとで解禁になりました。
・飲食店・民宿からの酒税の徴収はありません
・製造するお酒の申告義務・記帳義務があります。
 (同時に罰則規定があります。)
・製造量は、年間1KL未満(4月1日〜翌3月31日までの間)
・酒類の消費は、営業場内のみ(テイクアウトは不可)
その他の条件
・混和する蒸留酒は、アルコール分20度以上に限定
・製造場は、営業上内に限定
・混和(漬け込むもの)に制限あり
 米・麦・あわ・とうもろこし等とその麹
 ブドウ(ヤマブドウを含む)
 アミノ酸類・有機酸類等


詳しいお問合せはこちらへ
お酒で起業サポートとは?
・お酒で起業サポートでは、お酒で起業を目指している方への起業サポート情報をご提供しています。
ひと口に、お酒で起業したいと考えても、お酒の製造と販売は、許認可事業です。
・ネットショップでお酒を売るにも免許が必要
・お店でお酒を売るにも免許が必要
・お酒を作ることも免許が必要
規制があるために、酒業界に関係のない方が、酒ビジネスを始める事は大きな障壁でした。

実は、この大きな障害は、一度超えてしまえば、営業上とても有効なものです。
参入障壁が大きければ大きいほど、乗り越えた後のメリットも大きいのです。

海外のワイナリーで美味しいワインを見つけたので、日本で販売したい。
花屋とワインショップ
雑貨屋とワインショップをオープンしたい。
と思っても、どの様にしたらオープンできるのか?
の情報がありませんでした。

酒の許認可申請の方法については、HPにあるけれど・・・
それだけでは、酒ビジネスはできません。
いよいよ地ビールパブ支援事業開始!!
ついに、地ビールパブ向け、支援事業を開始いたいます!!

最近、地ビール起業のご相談を受ける中で、もっと手軽に地ビールパブが、開けないか?

との問い合わせがあり、今まで、E-BOOKでのノウハウのご紹介を中心に行っていた地ビールコンサルタントを本格的にスタートする事にいたしました。

駅前には、一軒、手作りビールが、味わえる店をコンセプトに、ブルワリーパブ作りのお手伝いをする事としました。

ブリュープランナーとして、

設計、施工管理、免許申請、製造指導まで〜

ぜ〜んぶ、お任せコースで展開してきましたが・・・・

長引く不況のせいか〜〜出来る限り自分でやるので手伝ってのご要望にお答えします!!

「必要最小限のお手伝いの免許取得コース」
を考えました!

これぞ行政書士の本業部分のみ!
http://sakemarketing.com/hp/


「発泡酒製造免許取得だけコース」

自分の店で発泡酒免許(最低製造量6KL/年)をクリアして、お店でグラス売りをするだけの免許取得コースです。

<こんな人向けです!>
・飲食店(居酒屋でも・パブでもOK!)で、自分で作って自分で売る人が対象です。
・東京23区中心(五反田からあまり遠いと、時間がかかるし、交通費が別途必要になるので!)
・美味しいビールが、作りたい人(個人的にモルトエキストラクトビールは、美味しくないです。)
・免許取得に向けての意思がある人(本当にクラフトビールを作りたい人)
・私と相性が合う人(私が無理と思った人は、諦めてください。)
・実際にビールを作りたい人(冷やかしはご遠慮ください。)

<具体的な内容>
・免許申請に関する手続き(行政書士業務のみ)
 1、事前コンサルティング(面談打合せ1時間×3回+免許取得のための分析)
 2、発泡酒製造免許取得費用(申請手続代行手数料・ブルワリーパブ仕様です)

<たぶんサービスの部分>
・設備の設計相談(申請する時には、ほぼ決まってしまいます。)
・設備工事の手伝い(時間があって、気が向いたら〜)
・最初の時期の仕込みの指導

<費用>
・初回面談 : ¥10,500 / 45分 
・事前コンサルティング手数料 10万円(税別)
・発泡酒製造免許取得手数料 150万円(税別)
・遠距離の場合には、別途、日当・交通費がかかります。

<実際にかかる他の費用>
・登録免許税 15万円
・申請に必要な証明書の取得
・株式会社設立費用
・店舗取得費用
・設備費用
・その他
お酒で起業サポートでは、

ワイン輸入免許取得
小売店ワインショップ化支援事業
通販免許取得
発泡酒製造免許(地ビール免許)取得

の経験を基に酒ビジネスへの参入方法をご紹介致します。
プロフィール
・東京農業大学醸造学科を卒業

・食品プラントメーカーに就職し、大手地ビール工場の立上げに参加し醸造設備の設計を行う。

・ワインの輸入専門商社へ転職し、海外(主にフランス)ワイナリーへの買い付けから営業までを経験、その間、約300店舗の酒販店への営業の中で酒類の販売ノウハウを学び、一般小売店が、ワイン販売を行う為の販売ノウハウの提供及び店舗リニューアルのコンサルタントを行う。
輸入上屋や保税倉庫(輸入したワインがおいてある所)へワインを引き取りに行き、延べ1コンテナ以上のワイン1本1本に輸入業者ラベルを手で貼った経験を持つ。
通信販売部門立上げの為、通信販売免許の取得及びサイト構築を行う。

・東京銀座にある「居酒屋八蛮」にて、地ビール事業計画立案から設備設計を行い・初代ブリュワーに就任、平成17年11月に「発泡酒製造免許」を取得、免許取得から4か月後には、東京国税局の品質審査の結果「優」を獲得。

・醸造プラント企画・醸造技術・酒類販売のノウハウを基に「お酒で起業サポート」を行う。

お急ぎの方は、こちらへ

免責事項
許可なく当ホームページの全部または一部の転用・転載を一切禁じます。
当サイトで公開されている情報のご利用につきましては、すべて自己責任で行なってください。
また、ご提供した情報に起因する一切の責めを負いませんのでご了承ください。
酒ビジネス支援サイトへ
お酒で起業サポート 事務局
ビーエルジャパン株式会社 代表取締役 鈴木祐一郎
〒144-0051 東京都大田区西蒲田2-7-16 TEL:03-6410-2653 FAX:03-6740-22888

             お問合せはコチラへ

酒類販売(一般小売業免許、通信販売酒類小売業免許・酒類卸売業免許)酒類の輸出入免許の申請書類作成・申請代行・代理
ビール・発泡酒・ワイン・濁酒
製造サポート 
日本酒・ワイン・焼酎の
販売サポート
酒類製造免許申請書類作成は、行政書士法人榊原・箭内事務所にて行政書士鈴木祐一郎が行います。