TOP
通信販売酒類小売業免許

インターネット・カタログ・テレビなどで営業する



郵便・電話・FAX・インターネットで受注する



当該提示した条件に従って行う商品を引渡

※店頭で酒類を引き渡すことはできません。
Q:通信販売酒類小売業免許とは
A: 
2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、
商品の内容、
販売価格
その他の条件を

インターネット、カタログを送付する等により提示し、

郵便、電話その他の通信手段により売買契約の申込みを受けて
当該提示した条件に従って酒類を小売する場合に限定して、付与することとした酒類小売業免許をいいます。
Q:販売できる酒類は?
A:
(1) 品目ごとの課税移出数量が、すべて3,000キロリットル未満である製造者が製造、販売する酒類

※大手メーカー以外の日本酒・焼酎の大半が、この条件に合致します。

(2) 輸入酒類
通信販売酒類小売業免許の特徴
1、店舗を持たなくても始められます。
・店舗を持つ必要がなく、都心からでも地方からでも、全国を対象に営業活動が可能です。
2、低ランニングコストで酒の販売が可能。
・店舗にかかる費用が発生せず、ショッピングサイト等を利用することにより、低いランニングコストで運営できます。
3、全国に対して、特徴のある酒を販売できる。
・稀少性の高い、マニアックな商品でも販売可能
4、メーカー等とのコラボレーション販売が可能
・メーカーとの企画商品を全国販売できる。
・オリジナルブランド及びプライベートブランド(PB)商品の販売が容易
5、通信販売特有の規制がある。
・特定商取引に関する法律
・未成年者への飲酒防止義務(購入時の年齢確認方法)
TOPへ
酒ビジネス支援サイトへ
お酒で起業サポート 事務局
ビーエルジャパン株式会社 代表取締役 鈴木祐一郎
〒144-0051 東京都大田区西蒲田2-7-16 TEL:03-6410-2653 FAX:03-6740-22888

             お問合せはコチラへ

酒類販売(一般小売業免許、通信販売酒類小売業免許・酒類卸売業免許)酒類の輸出入免許の申請書類作成・申請代行・代理
ビール・発泡酒・ワイン・濁酒
製造サポート 
日本酒・ワイン・焼酎の
販売サポート
酒類製造免許申請書類作成は、行政書士法人榊原・箭内事務所にて行政書士鈴木祐一郎が、行います。