TOP
ワインショップ開業に向けてのポイント
ワイン起業セミナー開催のお知らせ 
 
セミナーは終了致しました。最新の案内はこちら

開催日時 : 2014年1月29日(水) 受付開始 19:00〜

                     セミナー 19:10〜20:40

開催場所 : OBC 大田ビジネスコミュニティーセンター小会議室(3階)

        東京都大田区西蒲田8-24-1 ミマツビル3・4F
        JR京浜東北線、東急多摩川線、東急池上線が通る  
        蒲田駅より徒歩3分

費用    : 15,750 円   (消費税込)

詳しくは、こちらへ
ただ、漠然とワインショップを開きたいと考えても、ワインショップで実際に働いた経験があるとか、酒業界にいなければ、どんな事をしておかなければならないか?イメージ出来ないかもしれません。

そこで、ワインショップ開業に向けてのポイントをランダムに挙げて行きたいと思います。

※ある程度、ポイントがまとまった段階で体系的にまとめる予定です。
・ワインショップと言っても、一般酒類小売業です。
・ワインショップとは、言っても酒税法上は、「一般酒類販売小売業」の免許が必要になります。
 その他、ネットやカタログ等で通信販売をするのであれば、通信販売小売業の免許が必要になります。

お店が増えたら、特殊酒類卸売業免許
小売店や問屋に輸入ワインを卸すときには、輸出入酒類卸売業免許

などなど、色々あります。
初めて、お酒の商売をする場合には、

お店を持つなら・・・一般酒類販売小売業免許

ネットで販売なら・・・通信販売小売業免許

が、基本になります。
・ワインの仕入方法も様々
ワインを売るのであれば、もちろん商品の仕入れがあります。

主にワインを輸入する方法とワインを問屋(卸)から仕入れる方法です。
最初に始める方は、どちらが良いか?と迷われる方が多いと思いますが、この両者ともメリットとデメリットを持っています。

大別すると

自社輸入の場合

<メリット>
・希少商品を取り扱う事ができる。
・利幅を確保しやすい。
・輸入者としてのブランド化が容易

<デメリット>
・輸入知識が必要
・輸入の場合は、資金繰りが必要
・アイテム数を確保するのが難しい。

問屋(卸)からの仕入れの場合
<メリット>
・比較的資金繰りが容易
・アイテム数を確保しやすい。
・輸入の知識は必要ない

<デメリット>
・ショップのプランド化(差別化)が難しい
・利幅が小さくなる
・人気商品の確保が難しい


といった所です。
大雑把に自社輸入と問屋(卸)からの仕入れと書きましたが、この中間的な取引形態なども多く存在します。
最初から詳しい取引形態を説明しても、難しいのでこの2パターンを理解して、その他は、2パターンの変形版と考えた方が簡単に理解できます。
・地酒販売とワインショップの違い
お酒の販売を考えた場合

地酒の販売とワインショップの違いを理解しておく必要があります。

こんな書き方をすると、どちらが儲かりますか?と聞かれそうなので、先に答えを言ってしまいますね!

答えは、どちらでも、儲かる店は、儲かるし、儲からない店は、儲からないです。・・・・ちょっと当たり前すぎですか?

商売の基本的な事ですが・・・・

売れる商品が有って、買って頂けるお客様がいれば、商売が成り立ちます。

地酒販売とワインショップの違い(1)

・地酒販売は・・・
売れる日本酒は、日本国内の争いのため種類と数が限られている。
売れる日本酒が出来るためには、お金と人と時間がかかっています。
仮に定価で買える事があったとしても、卸値で買うためには、それだけのコネクションが必要になります。日本酒Aは、誰でも欲しがる酒だから仕入出来れば簡単に売れますが、仕入れが難しいのです。

もちろん、人気・知名度は程ほどでも、美味い日本酒・焼酎は沢山ありますので、この分野であれば、十分商売として成り立つ余地はあります。

ワインショップは・・・
ワイン(ウイスキー・ブランデーを含む)は、一部の熱狂的なブームを除いて、入手困難な事は少ないです。(ワインがある所を知らない場合には、入手困難と言えるかもしれませんが・・・・)理由は、手に入りにくいものは、値段が高くなるだけで、ほぼ、市場に存在します。

仕入れ先も、多くの輸入業者が存在しますし、海外からの輸入も可能なので、地酒のように入手困難なことになりにくいです。
地酒の仕入れに比べ、オープンな取引になります。

したがって、ワインの仕入知識の有無が商売の成否を分けることになります。


具体的には・・・

・何を主体にしたワインショップを作るか?です。

ひと口にワインと言っても、日常的に飲むワインと芸術性の高いワインがあります。どちらも同じワインですが、お客様の求める物が異なる為、顧客の消費行動が違ってきます。

そこで、

1、ワイン産地による構成(※有機ワインを含む)
2、ワインの価格による構成
3、見込み客の消費行動

を基本にワインショップのコンセプトを考える必要があります。

この3つが揃っていると売れるワインショップとなります。


売れないワインショップは、ここのバランスを見直す事により売上の改善をする事ができます。

何か難しい事を書いたかもしれませんので、簡単な例を1つ

・ある酒屋さんでの話ですが・・・

「うちの店の近所で良いワインを飲む人なんていないよ!」と言われた事があります。(実は結構沢山言われました!!)

その地域は、簡単な市場調査をしただけで、確実にワインの消費が見込める地域なのです。

理由を聞くと、
「店にもワインを置いてあるけれども、誰も買っていかないから。」

その店に置いてあるワインは、ビールメーカー等が出している400円程度ワインを、何十種類と置いてあり、そこのメーカーの上級のワインが申し訳程度に5〜6本置いてありました。

そこで、ワインの種類と価格構成を変えてみると・・・

普段、発泡酒しか買わない常連のお客様達が、ちらほらとワインを買い始めたのです。

お客様に理由を聞くと・・・・

「今まで、ワインが無かったので、他の店で買っていたのだけれども、この店が、家から近いから、今日飲む発泡酒だけを買って帰る」そうでした。

このお客様は、この店にはワインが無いと思い。
店主は、ワインは置いてあるけれども、全然売れないと考えていたのです。

自分の店の常連だと思っていたお客様でさえ、消費行動が、読めない時代なのです。
このような理由から、ワインショップが生き残れる市場が大きく残されているのです。
TOPへ
酒ビジネス支援サイトへ
お酒で起業サポート 事務局
ビーエルジャパン株式会社 代表取締役 鈴木祐一郎
〒144-0051 東京都大田区西蒲田2-7-16 TEL:03-6410-2653 FAX:03-6740-22888

             お問合せはコチラへ

酒類販売(一般小売業免許、通信販売酒類小売業免許・酒類卸売業免許)酒類の輸出入免許の申請書類作成・申請代行・代理
ビール・発泡酒・ワイン・濁酒
製造サポート 
日本酒・ワイン・焼酎の
販売サポート
酒類製造免許申請書類作成は、行政書士法人榊原・箭内事務所にて行政書士鈴木祐一郎が、行います。